NATURAL SURF

女性ボディボーダーが書く波乗り日記やサーフィン役立ち情報・
初心者女性サーファーも必見の情報サイトです。

<< くらげの種類 くらげに刺されたら | main | 最低限のルールとマナー >>
ウェットスーツについて
● セ ミ ド ラ イ ●
  水温:10℃くらい以下 生地の厚さ:5〜3mm
ファスナーもコイル(2重)になっているものが多く、極力海水の侵入を防ぐようになっています。
生地が厚めでラバー製のため、できれば吊しではなくオーダーもしくはセミオーダーしたほうが脱ぎ着がラクです。
値段はジャージ素材の物に比べ高めになりますし色も黒がほとんどですが、冬も海に入る方には必需品です。
● フ ル ス ー ツ ●
  水温:10〜15℃くらい 生地の厚さ:5〜2mm
ジャージ素材のものがほとんどですが裏地によって目安となる水温が大きく変わってきます。
また厚さも、オール3mmのものや、2mmのものボディが5mmでアーム部分が3mmのものなど様々です。
最も一般的なのはオール3mmですがホームポイントの水温や気候によっては 5mmや2mmのほうが使い勝手が良い事もあります。
お目当てのポイントに長く通っている人や先輩ボーダーの意見をぜひ参考にしましょう。
ジャージ素材のウエットはカラフルなものが多いので、色やデザインもメーカーがこぞって新製品を発売していますし、フルは1年のうちで着用期間が最も長い形なのでじっくり選びましょう。
なおセミドライと同じくオーダーのほうが脱ぎ着がラクなのでおススメです。
● ロングスリーブスプリング ●
  水温:15〜20℃くらい 生地の厚さ:3〜1mm
水温の目安はシーガルと同じくらいですが海中でバタ足し続けているボディボーダーにとって ロンスリのほうが動きやすいです。
ボーダーはフィンを履いているので 素足のサーファーに比べて、水温がある程度上がれば、足の冷えはさほど気になりません。
また肘のスレも防げるので長袖のほうがいい という利点もあります。
生地は2mmが一般的ですが冷えやすい方は3mm 水温の高い地域の方は1mmと選ぶこともできます。
● ス プ リ ン グ ●
  水温:20℃くらい〜 生地の厚さ:3〜1mm
水温が20℃を越えるようになれば、スプリングもOKです。
冷えを防げるので、水着だけよりも長い時間海に入っていられますし、万が一のケガやクラゲから身体を守る事もできます。
値段も手頃なので1枚あると何かと重宝な形です。
● タ ッ パ ー ●
  水温:20℃くらい〜 生地の厚さ:3〜1mm
もともとアウトで波待ちする事の多いロングボーダーに愛用者が多かったのですが
ここ数年サーファーやボディボーダーにも人気の出てきたウエアです。
スプリングやロンスリと同じような用途なのですが好みの短パンや水着に合わせて着る事が出来るのでファッションとしても楽しめるところから一気に流行ってきたようですね。
長袖と半袖があるので好みで選べます。

最近、量販店のウエット売り場でも、肘下や膝から腿にかけての部分にあらかじめ補強をしてあるボディボード専用モデルを見かけるようになりました。
そうでない場合もパッドを付けてもらうと良いでしょう。
テイクオフやスピンなどの時に擦れる部分だけ生地が早く傷むのでちょっと面倒でも補強しておいたほうが長持ちします。

また体感温度は個人差が大きいものです。
まわりがスプリングなのにフルじゃちょっと暑苦しいかしらなんて思わずに、少しでも寒いと感じたら長いウエットを選んだり下にラッシュを着るなどして保温に気を付けましょう。

実際に海に入ってみないとその日の水温はわからないので車ボーダーであれば、季節の変わり目には2,3種類の装備を用意して海に向かうのがベストです。

========================================
ブログランキングに登録してます!
モチベーションの元になってますので是非クリックをお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
|comments(0) | trackbacks(0) | ウェットスーツについて | TOP↑ |









http://naturalsurf.border-p.info/trackback/3